お気軽にお問い合わせください 電話:011-222-3553 営業時間AM10:00~PM20:00

世界限定41本で発売されたウイスキー、軽井沢1960年の買取を募集しています!

軽井沢1960年買取募集します。

1960karuizawa
只今軽井沢1960年の買取を募集しています。
軽井沢1960年は世界限定41本で発売されたウイスキーになります。
今回当店のお客様で購入したいと希望の方がいましたので
全国から軽井沢1960年の買取を募集致します。
購入希望者がいる状態ですので通常より高価買取いたします。
昨年は香港のオークションでも1400万円の値が付きました軽井沢1960年。
現在は円高の影響もあり昨年よりは買取金額も下がっていますが
昨年の国内買取相場としては250万円前後でしたので
今回はその倍以上、内容次第によっては4倍近くまで査定金額が出せる場合が御座います。
ぜひこの機会にお問い合わせください。

電話受付時間外のため、只今のお時間はメールフォームにて問い合わせ受付しております。下のメールお問い合わせバナーからお気軽にお問い合わせください。

電話お問い合わせ 011-222-3553 営業時間(電話受付終了) AM10:00~PM8:00

メールフォームでお問い合わせの方は下のバナーからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

昨今のジャパニーズウイスキー市場

昨今日本のウイスキーは大変人気になっています。
その要因となったのはもちろんマッサンの影響もありますが
実はそれ以外にも要因がありました。

ワールド・ウイスキー・バイブル

ウイスキーの権威と呼ばれているジムマレーによって世界中のウイスキーがセレクションされ
毎年更新されているウイスキーのガイドブック。
まさにウィスキーの聖書とも言われているものがワールド・ウイスキー・バイブルです。

山崎シングルモルト・シェリーカスク2013が2015年に最高得点獲得!

そのワールド・ウイスキー・バイブルでなんとサントリーの山崎シングルモルト・シェリーカスク2013
が世界1位となりました。本場のスコッチウイスキーを抑えて世界1位となったのです。

その結果ジャパニーズウイスキーが人気沸騰へ

丁度マッサンが放映されたのが2014年9月29日から2015年3月28日。
ワールド・ウイスキー・バイブル2015で山崎シングルモルト・シェリーカスク2013が受賞したのが2014年11月。
結果日本国内のブームと同時に世界中野ウイスキーマニアから
日本のウイスキーが買われる様になりました。

2016年9月現在の国産ウイスキーの現状

現在サントリーやニッカは深刻な原酒不足となっています。
メーカーが想定していた以上に国産ウイスキーが人気となり
現行品は即完売、そして原酒不足になり一部銘柄の値上げ
そして生産終了、廃番化となりました。
現在では常にヴィンテージ表記のウイスキーが品不足の状態となっています。

そんな中軽井沢1960年が高額取引されている

そして2015年8月香港ボナムズのオークションで軽井沢1960年が出品されました。
軽井沢1960年は発売されたのが2013年5月ですので発売から2年後の出来事になります。

軽井沢1960年の詳細

軽井沢1960年は52年熟成の原酒いわゆるシングルカスクであり
過去にもっとも熟成された国産ウイスキーということも今回注目された要因のひとつでもある。
樽は人気の高いシェリー樽を使用し、その樽からそのまま瓶詰めしたものとなっている。
そして限定生産の為瓶詰めした本数は世界限定41本。
たったこれだけである。
これだけ希少価値もあり過去最高に熟成された軽井沢1960年。
やはり定価も高い様で200ま円で発売された。
また52年熟成と中身もすごいのだがパッケージやラベルにも随所でこだわりを見せている。
日本とイギリス二つの文化が協力し合う形をイメージしたパッケージやラベルとなっている。
木箱には金属のつがいなどは使わず外側は薄く、内側は濃く樽の熟成をイメージした色使いとなっている。
蓋にもこだわりが見られる。実際の樽材で作られラベル(ワインで言うエチケット部分)は和紙を使用し伝統のあるレタープレスで仕上げられている。
さらにこだわり1本1本異なる根付けを添付している。添付されている個冊子も日英協力の証としてやはり
日本語・英語の二カ国ごで表記されている。
こうしてこだわりにこだわって造られた日本最高熟成ウイスキー軽井沢1960年である。

この記事を見ている人はこちらの記事も見ています

【トピックパス】


TOP